予約

すぐに眠りが訪れる音楽

東京の岩盤浴シースパでは、デトックスに役立つ情報や、リラックスに有効なアイデアを発信しています。

今回はリラックスしたい時に取り入れる定番とも言えるアイテム、「音楽」についての情報です。
以前はヒーリングミュージックと言っても学術的な根拠は薄く、α波を出す状態に脳を導く音楽として売り出されている物でも望むほどの効果が得られないということがよくありました。
リラックスタイムに実際に取り入れるべき音楽は、科学的根拠があって組み立てられたものでなければなりません。
不安を取り除き、幸福感をもたらす音の重なり。
それを実現した音楽をご紹介します。

イギリス音響療法アカデミーとバンドが作った楽曲

特にお勧めな楽曲が、イギリスのマルコーニ・ユニオンというバンドが音響療法アカデミーの協力を得て作成したもので、「Weightless(無重力)」 というタイトル。
人間の心拍、脳波とシンクロする60BPMというテンポを基調として、幸福感をもたらすハーモニー、反復メロディーを避けた曲調で織り上げられた作品。
60BPMは1分間に60拍を数えるという数値で、つまり1秒間に1回テンポを刻むという意味に。
これが、リラックスした際の心拍数と同調するテンポなのです。
心拍数が60BPMを超えていたとしても、この調子の音楽を流せば4分から5分間で体が同調します。

幸福感をもたらすハーモニーとは

幸福感をもたらす音の重なりには特徴があります。
一般的に街にあふれているのが「平均律」であるのに対して、耳に心地よく響くのは「純正律」
音の周波数が整然と整っている音階で、これを意識して取り入れた音楽が、人の心を安定させ、不安を取り除き、幸福感をもたらしてくれるのです。

純正律を取り入れた音楽には、他にどんなものがあるのでしょうか?

進化したヒーリングミュージック

リラクゼーションに効果がある音楽をどのように探せばいいのか困ったときは、ヨガやヒーリングをタイトルに冠した作品から入るのがお勧めです。
ヨガに用いられるCDでは「YOGA:Asian Healing Music」
ヒーリングでは「α波 1/fのゆらぎ~Natural Landscape 清流-清らかな情景の中で 四万十川-」などがあります。
他にも、ピアノ演奏による「著作権フリー 癒しのピアノ 森の鼓動」や、瞑想に利用される「ヘミシンクによる成功の創出(Creating Success with Hemi-Sync)」など。
なかなか一般的なCDショップでは見つけにくい作品が多いので、ネットショップなどで検索してみるといいでしょう。

目安となる曲の長さは8分から10分程度。
どんな音楽が心身を癒してくれるのか、体感から学んで、ぜひ自分好みの作品を見つけて下さい。

<< コラム一覧